増えていく相談件数

笑顔

紙切れで夫婦になっても様々な問題が出てくると離婚の危機にさらされます。近年、こうした相談が増えており、離婚問題を解決するためにやってきます。ネットでも慰謝料関連の情報はありますので活用しましょう。

Read More...

抱える問題

オフィスレディ

結婚はしても長く続かないと離婚する恐れがありますが、離婚が発生する割合もここ数年で伸びてきています。これを受け、離婚相談の件数も徐々に増えていく見通しでしょう。時効もあります。

Read More...

トラブルを解決

案内

離婚に関わる慰謝料は、予め決定されたルールはありません。お互いが納得した上で決める必要がありますが当事者同士だと詰まる可能性があります。そんな時は離婚專門に相談をしましょう。

Read More...

法律に強い

法律相談サービスを提供する士業が増加しそうです

オフィスレディ

一般に、士業という名称で呼ばれる職業があります。栄養士や消防士にも「士」という文字が含まれていますが、これらの職業は一般的な士業には含まれていません。士業という名称で呼ばれているのは、一言で言うと、法律関係の専門家です。具体的には、弁護士や司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士などをあげることができます。弁護士は、法律問題全般のエキスパートであるため、幅広い問題に対応することができます。ただし、それ以外の士業は、法律によって、取り扱うことができる業務内容が細かく決められています。何でも対応することができるわけではないというデメリットはあるものの、特定の分野における専門家として頼りにすることができます。最近は、様々な士業がそれぞれの特性をいかした法律相談サービスを提供するようになりました。社会制度が全般的に複雑化してきていますので、今後は法律相談サービスを提供する士業がさらに増えるだろうと予想されています。

相談サービスを利用する際の注意点について

先程も述べた通り、各士業が取り扱うことができる業務内容は、法律によって事細かに規定されています。特定の士業の独占業務とされている業務を無資格者が行うと厳しい罰則を課せられることになっているため、どの士業も法律を遵守して業務を行っています。利用する側としては、自分が希望している業務を取り扱う権限を有しているのはどの士業なのかということを考えた上で、法律相談サービスを利用することが大切になってきます。たとえば税金絡みの法律相談を司法書士に持ち込んでみたとしても、一般論的な回答しか得ることができません。なぜかというと、個別具体的な税務相談に対応できる権限を有しているのは税理士だけだからです。無駄な時間や費用をかけてしまいたくないのであれば、相談内容に適した専門家の法律相談サービスを利用する必要があります。